PDFを編集する方法 その2

PDF文書に文字を入れたい、文書中の写真を入れ替えたい、訂正をしたいというケースは少なくないものです。PDFを出力した元の文書(たとえばワードやInDesignの文書など)があれば元に戻って改めてPDFを出力し直せばいいのですが、PDF文書としてダウンロードした場合など、それが不可能な場合も少なくありません。こんなとき、Inkscapeを使えば、比較的簡単にPDF文書の編集ができます。
InkscapeはUbuntuのリポジトリにありますので、ソフトウェアセンターその他からインストールしておきます。
  1. まず、編集したいPDF文書を右クリックして、Inkscapeで開きます。
  2. 右のようなダイアログが出ます。Inkscapeで一度に編集できるのは1ページだけです。このダイアログで編集したいページを指定します。
    複数のページを編集したいときは、あとで同じようにして別のページを指定し、別々に保存しておきましょう。







  3. これでPDFのページが編集可能になります。右の図は、PDFで提供された様式に社名を入力しているところです。文字の入力や描画の編集、
    写真の挿入など、Inkscapeの基本的な操作は左側のツールをクリックして直観的に行えるでしょう。






  4. 編集が終わったら、「別名で保存」で、ページに名前をつけて保存します。複数ページがある場合、
    上書き保存すると編集しているページ以外のページが消えてしまいますから、必ず別名で保存するようにしましょう。
    スクリーンショットにも見えるように、PDF以外にもさまざまな形式で保存ができるようになっています。必要に応じて、必要な形式で保存してください。



  5. 複数ページを操作した場合、最後に、必要に応じて、複数ページを1つのファイルにまとめます。その操作には、pdfsamやPDF-Shufflerを用います。



Inkscapeとは別のドローイングソフトであるsk1でも、基本的な操作は同じです。ただし、sk1ではPDF文書を直接開くことはできません。あらかじめsvg形式に変換しておいてから読み込む必要があります。そういう意味ではこの用途には使いにくいかもしれません。しかし、sk1はCMYKでカラーを扱えるなど、優れた特徴も持っているので、必要に応じて利用してください。
Comments